オープンデータでフリーGIS

完全フリーでどこまでいけるか?

 先日、GISコミュニティフォーラムに参加してまいりました。

 

 やはり、GISトレンドとしては

・クラウドGIS

・オープンデータ

等が目立ちます。

 

 

 

 個人的には、ArcGISProの機能が

『これは、劇的に作業効率が変わる…ちょうどこんな機能が欲しかった』

的な発見もあり。

 さらには、Panasonic様ブースで盛り上がり、ユーザー紹介として取り上げていただけるとの事。未だ日程調整中で、お返事できておりません…。

QGIS画面

 今回の試みは、

・フリーGISを使い

・フリーのオープンデータを使い

完全無料でどこまでの、図面(地図)を作成できるのか?

です。

 

 

 フリーGISで、どこまで解析できるか?や業務効率化が図れるか?ではありません。

そこは、おいおいとさせて頂き…

 

 弊社Nature worship Corp.サイトにて、下記の様な方向けのHow toサイトを公開しました。※不定期更新です。

・GIS導入を検討中

・GISを導入したいが、まずはフリーGIS(代表的なソフトでQGIS)を検討中。

・有償版GIS(代表的なソフトでArcGIS)は敷居が高いが、興味がある?

・GoogleMapやカシミール3D、MapSouceは使用している。+イラレ等。

 

 

 弊社サイトの『事業案内』より、下部の『その他の業務経歴』>※QGISの導入はこちらよりアクセス下さい。
 本エントリーにて、作成したベースマップの作成方法を掲載しております。

本エントリー掲載画像は、全て完全無料で作成してみました。

フリーGISで、オープンデータを利用。

弊社サイト、『QGISの導入はこちら』で掲載する画像も全てフリーで作成しております。

NeWw Link

Twit