GISデータ ダウンロードサービス各種

 昨今のGISデータダウンロードサービスをまとめてみます。

 

 

 ArcGISをはじめとする、GISでデータ整備をするにも解析を行うにも、

まず、現実世界をGISという『箱』の中に再現しなければなりません。

 

 

 再現して初めて…まさに、この『箱庭』で解析した結果が意味をなすと考えます。

忠実に現実世界を再現された『箱庭』で行った解析は、未来そのものを予見できるかもしれません(そんな解析ができればと、いつも思います…)!?

 

 

 『箱庭』とも呼べる仮想世界の、データベース(以下、DB)を設計するのに必要なのが、基礎となるGISデータ群。

 以前のエントリーからだいぶ状況が変わっている様にも思うので、再エントリーいたします。

ArcGIS Online

 ESRI社が提供する、ESRIクラウドの地理空間情報共有プラットフォームです。

 

 Arcユーザーであれば、ご存じかと思います。

逆に、Arcユーザーで無いとあまり使う機会は無いかもしれません。

 

 利用形態には、商用と非商用があります。ご注意ください。

 

 

 以前(Arc Ver. 8.3)、GeographyNetworkJapanというサービスがありました。

ベースマップ等が格納されておりましたが、現在はArcGIS Onlineに機能拡張しております。

 各ユーザーが公開するマップなども増えており、さまざまなデータが利用できます。

 

ArcGIS Online

国土数値情報ダウンロードサービス

 国土交通省国土政策局によるGISデータダウンロードサービスです。

 

 

 以前は、変換作業が必要でした。

現在では、shpファイルでの配信が行われています。

 

 ダウンロードすればそのまま利用できるようになり、利便性が高まりました。

根気よくダウンロードするだけで、整備に困る事は無いと思います。

 

 

 扱うデータは、

・指定地域:自然保全地域・鳥獣保護区・自然公園地域等

・沿岸域:漁港

・自然:標高・傾斜度等

・土地関連:土地利用等

・国土骨格:行政区域・海岸線・河川等

・施設:公共施設・ダム等

・産業統計:交通流動量等

となっております。

 

国土数値情報ダウンロードサービス

基盤地図情報

 国土交通省 国土地理院によるGISデータダウンロードサービスです。

 

 配信形式が、XMLファイルである為

shpとして利用するには、変換作業が必要になります。

 

 変換作業には一般に、『基盤地図情報閲覧コンバートソフト』を使用しますが、

このソフトが非常に重いのが難です。

※ArcGISにもコンバートソフトがあるのですが、現在の仕様変更に対応しておらず、変換はできません。更新を待つばかりです。

 

 扱うデータは、

・基盤地図情報2500

・基盤地図情報25000

・基盤地図情報数値標高モデル

・基盤地図情報測量の基準点

・基盤地図情報街区の境界線および代表点

 

 なお、基盤地図情報の項目は

・測量基準点

・海岸線

・公共施設の境界線(道路区域界)

・公共施設の境界線(河川区域界)

・行政区画の境界線および代表点

・道路縁

・河川堤防の表法肩の法線

・軌道の中心線

・水涯線

・建築物の外周線

・市町村の町若しくは字の境界線及び代表点

・街区の境界線及び代表点

となっております。

※ここで注意すべきは、主に

・道路縁

・水涯線

・建築物の外周線

の3点です。

 

 『道路縁』は、縁なので『道路中心線』ではありません。

視覚的な下図としては利便性が高いのですが、ネットワーク解析などには不向きです。

 

 『水涯線』も、縁なので『河川中心線』ではありません。

また、ポリゴンでもありませんので、上記同様下図としての利用には十分といえます。

 

 『建築物の外周線』も、ポリゴンではありません。下図としての利用に向いています。

 

 基盤地図情報ダウンロード

国土政策局 GIS

 上記の他にも、国土政策局のダウンロードサービスとして

位置参照情報ダウンロードサービス

国土情報ウェブマッピングシステム

土地分類調査・水調査

 

 また、検索サービスに

航空写真画像情報所在検索・案内システム

国土情報クリアリングハウス

があります。

自然環境情報GIS提供システム

 環境省 自然環境局 生物多様性センターから、

自然環境保全基礎調査(植生調査、河川・湖沼調査、海岸調査、藻場・サンゴ礁調査等)の結果をダウンロードする事ができます。

 

 こちらも、shpファイル形式でダウンロードができます。

その他

 加工の必要な、shp形式で無いもの含みますが

気象統計情報:国土交通省 気象庁

地図で見る統計(統計GIS)

などなど。

 

 各府省のGIS関連のページにて上記サイト他がまとめられています。

 

 

 今回は、メジャーなGISデータダウンロードサービスをまとめてみました。

次回は、マイナーなサービスもまとめられればと考えています。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Juicer Review (水曜日, 17 4月 2013 16:28)

    I just shared this on Facebook! My pals will definitely like it!

NeWw Link

Twit