アウトドア・ギアについて

 仕事柄、春夏秋冬を通じてフィールドワークが多い為

アウトドアギアが気になります。

 

 アウトドア用品は高価なモノも多いですが、

我々には消耗品である為、コストパフォーマンスに優れた物を吟味する必要があります。

 四季を通じてだけでなく、特殊な環境にも対応していかなければなりません。

 

 山から海まで、

山と言っても1000m級の山だけでなく、火山(火山灰は非常に厄介です)もあれば…海まで。

海は大時化な事も…

場所は、北から南まで…

 

 状況を上げれば切がありません。

 

 

ラピエ
ラピエ

 先日、小笠原現場より戻って参りました。

 

 

 小笠原と言えど、冬の海は当然時化ます。

さらには、ラピエと呼ばれる…石灰岩質が風雨で浸食され、

それはまさに

『刃物を立てたような』

切り立った岩場ばかりの現場でした。

 

 

 愛用のスパイク足袋やレインウェアがボロボロとなり

やむなく…足袋は廃棄処分。

 レインウェアは、足元に近い部分がズタボロになり一部切断。

結果、現在のレインウェアの下が半ズボンタイプとなってしまいました。

『半ズボンの雨具?』

とも思いましたが…

かろうじて、機能しています。

 

 

1.高温多湿な環境だけでなく、低温乾燥な

 夏から冬にかけて対応するのみならず…

塩(海水)を被り、強い紫外線を受け…

藪漕ぎや岩場での活動にも対応する、レインウェア。

※現在レインウェアは2年程度の寿命なので、もう数年伸びれば…費用対効果の水準を上げる事ができます。

 

2.林業従事者の皆様が使用する、安全スパイク足袋である事は当然ですが…

やはり布生地部分とソールとが分離してしまう、

 また、ソール(ゴム)からスパイク(金属)があっという間に抜けてしまう事の無い…

生地はケブラー繊維等で補強(ケブラー素材では濡れると強度が落ちる為、より強い素材である必要があります)・

 足首回りを締め上げる(草鞋の様な構造)補強ベルト付きの足袋。

※インソールに、踏み抜き防止プレートを脱着できればベストです。

刈り払われた笹や枝等も、油断できません。金属ゴミ(不法投棄でしょうか?)も少なく無いので…。

 

 

 

 

 色々、アイデアは浮かびます。

各社アウトドアメーカーさんに、是非頑張って頂きたいと願います。

NeWw Link

Twit